IPv6接続の導入

PCネタ

2018年に、光回線が、NTT光プレミアムから光NEXTに変わったのを機に、接続プロバイダ@niftyのv6プラスを導入した。導入前は、光接続なのにインターネット速度が2Mbpsを切るなんてことが普通に起こっていた。さすがにストリーミング等も十分な速度が出ていなかったので、v6プラスには期待した。

開通するまではかなり大変で、@niftyへの申し込みは一度蹴られ、蹴られると次の申し込みまで期間をおかないといけなかったりいろいろあったが、2018/10に開通、そこからインターネット速度は90Mbps程度をコンスタントに記録するようになった。

速度の問題はこれで解決したのだが、v6プラスは、それまでのPPPoE接続からIPoE接続に変更することによって、プロバイダ・インターネット結節点の速度低下を避けるという手法で、本当の意味でIPv6接続していたわけではなかった。IPv6接続するためには経路のルータがすべてIPv6対応している必要があり、当家のルーターはWSR-1166DHP3で、これはIPv6に対応していなかった。

特に支障があるわけではないので、そのままにしておいた。

先日、NTT西日本からメールが届き、会員ポイントが2021/4に失効するよと言う通知メールだった。そういえばそんなものがあったよなと過去の薄い記憶をたどりながら、NTT西日本のWebページに訪問した。

会員ページに入るには、IDとパスワードとは別に、NTTの「お客様ID」(COP/CAF番号とも言われる)が必要で、これはパスワード保存アプリの備考に入れて管理してあったので、ログインに事なきは得たが、面倒である。どうやら、IPv6接続なら、この番号なしでログインできるらしい。スマホでもWifi接続だと、スマホの設定Webサービスに入れないのと同じようなものか。

CLUB NTT-Westの会員ポイントの交換対象だが、魅力的なものがほとんどない。ニンテンドープリペイドとの交換があって、これなら娘が使えるので、これくらいしか交換できるものがない。失効ポイントは3000ポイントで、3000円のプリペイドと交換できるなら、これはうれしい。

しかし、この交換にはIPv6接続が必須のようで、うちの回線からはどうあがいても交換はできなかった。

失効は4/30とのことだったので、まだ時間はある。IPv6接続を行うにはどうすればよいかを調べた。

現在、リビング部屋のルーターはWSR-1166DHP3。バッファローの以下のページでは、IPv6ブリッジ機能(パススルー機能)には対応しているとある。

IPv6ブリッジ機能(パススルー機能)に対応していますか(Wi-Fiルーター、有線ルーター)
IPv6ブリッジ機能(パススルー機能)に対応していますか(Wi-Fiルーター、有線ルーター)に関するFAQ。バッファローのサポートのコンテンツをご紹介。

しかしながら、設定メニューの中に、IPv6機能を設定する部分を見つけられなかった。ところが、書斎で使用してたWSR-1166DHPLには該当するメニューがある。

たまたま以下の記事で、書斎のルーターの配置を変更する計画もあったので、この際、WSR-1166DHP3には退役いただくことにした。

無線LANルーターの配置替え
昨年の2月、まだ在宅勤務をこんなにすると思っていなかった頃、書斎兼寝室に、無線LANルーターを追加で設置した。元々家には一台無線LANルーター(ルーターAと表記)があったが、こちらの部屋ではスマホのWifiが強く入らず困ることが多かった。P...

ちなみにバッファローのルーターは機種が多すぎて、差が何なのか非常にわかりにくいのだが、WSR-1166DHPシリーズとWSR-1166DHPLシリーズの違いは、まず本体の形状が少し違う。WSR-1166DHPLシリーズは縦置きのみだが、WSR-1166DHPシリーズは脚をつけかえることによって、縦置き・横置き両方に対応している。また有線LANのHUBポートが、WSR-1166DHPシリーズは4、WSR-1166DHPLは3で一つ少ない。後は特に大きな違いは見つけられない。

上記の記事で、WSR-1166DHPL2を導入しルーターの配置換えを行った後、余ったWSR-1166DHPLをWSR-1166DHP3と入れ替え、設定を終えた。これで普通にIPv6接続が確立された。

この後、Club NTT-Westにアクセスしてみると、特にCAF番号入力も必要なく、ポイントの交換も何のストレスもなく無事済ませることができた。

ちょっと気になるのは、バッファローのページでは、WSR-1166DHP3がIPv6パススルー対応済みとなっていることなのだが、設定メニューに該当項目を確認することはできなかった。ファームウェアのバージョンアップも最新版に変更済みだったはずなのだが…… 一方IPv6(IPoE/IPv4 over IPv6)対応確認済みリストにはWSR-1166DHP3自身が掲載されていない。ちょっともやもやしている。

(追記)2021/3/7同日

その後気になって調べたが、WSR-1166DHP3の設定画面で、詳細設定-「VPNパススルー」のメニューに、「フレッツIPv6サービス対応機能」のチェック項目があり、これにチェックを入れるとIPv6パススルーが使用できるらしい。WSR-1166DHP3のメニューを調べると、このメニューは確かにあった。ファームウェアVerは1.16で、現時点で最新。

設定方法は以下のページにあり。

IPv6パススルー機能の設定方法
IPv6パススルー機能の設定方法に関するFAQ。バッファローのサポートのコンテンツをご紹介。

なお、このチェックを入れたときに、当家でIPv6が使えるかどうかは未検証。設定画面から見るシステム状態には、WSR-1166DHPLシリーズのようなIPv6の情報は出ていない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました