日課にすることの重要性

生活

在宅勤務が始まって5ヶ月が過ぎようとしている。現在、週に1日から2日出勤し、後は在宅で仕事をしている。

在宅の仕事が始まって、一番注意したことは「運動不足にならないようにすること」。

それまでは、通勤時間にウォーキングをかねていて、総計一日平均8000歩程度歩いていた。土日はほぼ歩いていないので、平日限定だと1万歩以上歩いている計算になる。仕事場まで直接行けば徒歩15分だが、1時間以上かけてウォーキングしていた。

ウォーキング中は、VOA Learning EnglishとNHKラジオ英会話を聞いて、その後音楽鑑賞時間にしていた。

さて、4月から在宅中心の生活になることがわかったので、これは特別に歩かないと絶対運動不足になると考え、朝起きたらすぐに歩きに外に出ることにした。その一回で8000歩を超える量を歩きたかったので、約1時間半ほど歩く。五時に起きるので、帰ってくると6時半過ぎ。そこからご飯を食べ歯を磨く。

老化対策として、筋トレもしておいた方がいいだろうと思っていたので、運動不足対策として、その後5分ほど簡単な筋トレをすることにした。スクワッドと腹筋と腕立てを日替わりで。実際には3分少しで終わってしまうので、3分筋トレと名付けた。元々筋トレは苦手で、あの苦しさは長続きしないだろうと予想して、負荷はあまりかけずに続けることに重点を置いた。これは5月から始めたが、今でも続いている。

仕事で英語を使うことがあるが、自分はあまり英語は得意ではない。NHKラジオ英会話はもう3年くらいウォーキング時に聴いているが、ダイアログの暗誦が勧められている。この4月からそれも取り入れ、筋トレの後にその時間を取った。15分の番組だが、ダイアログの音読と暗証をそれぞれ5回ずつ取り入れると30分強くらいかかってしまう。これで8時過ぎ。

仕事は9時から始まるので、残りの一時間弱は読書に充てている。この一ヶ月は世界史の勉強に目覚めたので、それに使っている。

仕事開始と同時に、職場で行われている腰痛防止体操(俗名:腰痛体操。腰痛になりそうな体操だ)の音源を再生してストレッチ体操を3分ほど行う。

この一連のルーチンは、平日は毎日行っているが、これを習慣にすることで、続ける努力の閾値が下がる。例えばウォーキングだが、正直面倒な日が出てくる。ここで面倒だと思ってしまうと、やめる理由を心は探し出す。「毎日しているから一日くらいいいよね」「今日は何か体調がいまいちだから、念のために休もう」等々。これが日課にしていると、基本的には自動的に起動する習慣になっているので、余計なことは考えないで自然に繰り返すことが比較的容易である。日課にできてしまえば継続の閾値が下がるのだ。またせっかく続いているのに今日休むと継続記録が途切れるよなあなんて気持ちも継続を助けてくれる。

朝の生活を分刻みでルーチンワークにする活動は、もう初めて20年くらいになる。それぞれの時期でやることは少しずつ変わっているし、一番早い時は四時起きの時期もあった。10年ほど、朝一時間ピアノ練習をしていた。座禅を15分ほど組んでいた時期もある。これも3年ほど続いた。QC検定一級、アマチュア無線技士一級、ネットワークスペシャリスト試験をここ10年ほどの間にそれぞれ受験して合格したが、その勉強もこの日課を使って行った。日課に組み込めれば続けられるという成功体験を持つことで、さらにこの活動に磨きをかけようというモチベーションも不思議とわくのだ。

現在の運動不足対策はウォーキングが柱になっているが、幸い続いており、例年7~9月は暑すぎて歩数が減って、体重が増える傾向にあるのだが、朝一番だとそこまで暑くなく、月20万歩のペースで継続できている。体重も維持できている。

さて、盆休み明けから、筋トレの前に、自宅仕事部屋とこれも自宅で大学の授業を受けている娘の部屋に掃除機をかけることにした。所要時間は10分。これも例のごとく日課に組み込まれ、もう2週間目に入った。掃除機をかける習慣を作ると、掃除の邪魔になる床直置きの物が減ってくると言う効果があるのだと気がついた。掃除の時に位置をいちいち変えるのが面倒なので、普段から自然と片付けてしまう。部屋をきれいな状態に保つのに掃除機はよい効果がある。

やはり日課に組み込めさえすれば、あまり面倒だと思わずに続く。問題は分刻みのスケジュールが忙しすぎて、何か余裕無いなといつも思っていることかも。そのため、夜はルーチンは決めていない。五時に起きるために11時前には寝るが、だいたいだらだら過ごしている。

盆休み明けにブログを書く環境を整えた。ブログ書きも日課にできるとよいのだが、さすがに朝にもう習慣はねじ込めない。だから夜のだらだらした時間に書くことにしているが、日課になっていないからこれが続くか少々不安である。今のところまではよい感じで続いているのだが……

コメント

タイトルとURLをコピーしました