雑記から戻る過去雑記ログ
他の月を見る
(2002/03)
連勝
●連勝

 昨日とはうってかわって、全員野球で連勝。めでたい。
 同点になっても、今年は金澤がいいから、なんとかなったんだと思う。ちょっとはらはらした。
 開幕連勝は23年ぶりらしい。

 今年は楽しい野球が見られるかな。

2002/03/31(Sun)
勝った
●勝った

 井川さまさま。以上。




2002/03/30(Sat)
Webサイトの動く広告
●Webサイトの動く広告

 Webブラウザでサイトを見るようになってから、どうも動く広告とかが気になって仕方がありません。自分はそのサイトのコンテンツを見に行っているのに、動くものだらけで集中できない・神経逆なで・精神の平穏がおとずれない。んで、わたしはブラウザのオプション設定で、アニメーション・ビデオ・音楽等の再生は全部オフにしてあります。

 ずっとこれでほぼ満足できてたんですが、最近、インターネットも太くなり、高速回線で接続する人が多くなったことに甘えて、広告もFLASHを使うものが多くなりました。
 これがやっかいもので、上記の設定では再生を止められない。FLASH自体の設定をどこで行えばよいのかわからないので、結構むらむらと腹の虫が治まらないというか... FLASHをアンインストールしてやろうとまで思ったのですが、アンインストールの仕方がわからん。むー、にっくきMacromedia!!と八つ当たりまで。

 いろいろ調べると、FLASHが貼ってある場合はJava Scriptが使われているので、こいつを無効にしてしまえば再生されないようです。

 でも、Java Scriptを無視するように設定してしまうと、困る場面も多いんですね。そこで、よく行くページでFLASH広告が再生されてしまうところはだいたいいくつかのサイトに決まっているので、こいつらをIEのセキュリティ設定で、「制限付きサイト」に入れることにしました。こうしてやれば、もともとそのセキュリティ設定ではスクリプトはすべて無効になっているので、FLASH広告は再生されません。

 うるさいと思ったら、制限付きサイトにしてやる。勝利感覚もついでに味わわせてもらう。なかなかええ方法です(^^

 ん、うちのサイトのくぽ君も、JavaScript系ですので、腹が立ったら制限付きサイトへ。くぽが泣くよ(^^;

2002/03/27(Wed)
ボール付きマウス
●ボール付きマウス


 新しいマウスが一つ必要になったので、ARVELのフリーボールマウスを買ってきました。11月くらいに雑記で書いていたもの。

 ボール部分を回すと、アプリのスクロールバーに直接メッセージを送って左右スクロールもできるというもの。CADを使うときに便利かと思いまして、前々から欲しかったのです。

 で、使ってみましたが、ええ感じです。ホイールじゃなくてトラックボールでスクロールが行えるのは、結構感触がよくてやみつきになりそう。左右スクロールもばっちりです。

 問題のCADは、少々癖が強くて、スクロールするかどうか不安だったんですが、やってみたら問題なくOK。うーん、すばらしい。ボタンの感触とか不満な点もあるけれど、いやいや、これで作業効率がぐんとあがること間違いなし。ええですよ、これ。3500円くらいでした。

[追加]
 このマウスのスクロール機能は、独自実装になってまして、スクロールバーに直接メッセージを送るタイプのようです(推測)。
 よって、アプリ側がインテリマウスに対応していなくてもスクロールが利くようです。たとえば、WinHelpシステムはインテリマウスでスクロールしませんが、このマウスを使えばしっかりスクロールします。WZ Editor ver.3もインテリマウススクロールには対応していませんが、このマウスではスクロールします。ま、どこでもホイールなどを使えばたぶんスクロールするんでしょうけど...


2002/03/25(Mon)
スラッシュと円記号
●スラッシュと円記号

 掲示板で永さんに教えてもらったURLです。

 うすうす、最近のWindowsでファイル名の円記号(\)の代わりにスラッシュ(/)が使えるようになっているのかなぁと感じることは多かったのですが、こういう記述があるとは...

> Win32 オペレーティング システムではパス デリミタとしてスラッ
> シュ (/) と円記号 (\) の両方を使えますが、UNIX ではスラッシ
> ュしか使えません。

 おいおい、いつからスラッシュは使えるようになったんですか? 確かにW2kのコマンドプロンプトでは使えるようですが。試してみましたが、Win98では使えませんぜ、旦那。「UNIXではスラッシュしか使えません」とはまた偉そうなこって。

[追記]
 どうやらWin98では、FindFirst等ではスラッシュはサポートされているようです。コマンドプロンプトでは使えないみたいで、それは次のパラグラフの記述に対応するんでしょうね。Win95は未確認です。

> (ただし、Windows NT および Windows 95 のコマンド シェルであ
> る CMD.EXE では、コマンド プロンプト行の入力にスラッシュを
> 使えません)。

 Win9X系のコマンドシェルは、command.comなんですけど。NT系と違うから、こいつを使うような実装をする場合、わざわざ場合分けしてコマンドシェルを探しているこっちの立場はどうなるの?

 そもそも、スラッシュはWindowsで使えると言っておきながら、すぐ後ろで使えないと明言するのはどういうこと? それって使えるって言うの? ????? なお、W2kのコマンドプロンプトでは、スラッシュは使えますよ。もうぼろぼろ。

[追記]
 W2kのみが例外で使えると見た方がいいのかな。



 そもそもMS-DOSを開発した時(開発したのはMSではないので、責めるのは筋違いかもしれないが)、どうしてUNIXに似せたのに、円記号を導入してしまったのか。バックスラッシュとスラッシュを見間違えたのか...(笑)

 まぁ、それは別OSだからよしとして、ちょっとずつスラッシュを使えるようにしていって、今になって「スラッシュが使える」と明言するのはどういうことか。わたしが知らなかっただけかもしれないが。
 円記号決め打ちして実装している部分は、これから考え直さないといけないということか。それもOSの種別を調べて場合分け...

 うちのアプリでは、当分、円記号のみ対応としておきます。

[追加]
 NT4のコマンドプロンプトでもスラッシュは使えませんでした。どないせーつーねん。

[追記が多くなってしまったので、結論]
 記述を信じると、Win32オペレーティングシステムでは、FindFirst等のファイル関連APIでスラッシュが使えるらしい。ただし、コマンドプロンプトでは使えない。コマンドプロンプトで使えるようになるのは、W2k以降。
 結局、コマンドプロンプトでは使えないので、アプリケーション作成側としては、ファイル名の入力としてスラッシュは受け入れる。ただし出力としてはスラッシュをバックスラッシュ(円記号)に変換して出さないと不具合を起こすことがある。というのが理想なのかなぁ。
 うちでは、当分円記号のみサポートという形にしておきます。


●Rubyの拡張ライブラリ

 サンプルを持ってきて、コンパイルしてみました。コンパイルにはVC++が必要のようですが、MakefileをRuby自身が作成してくれるので、環境依存性がない。これってすごいねぇ。ちょっと感動してしまいました。
 んで、拡張ライブラリの簡単なテストプログラムをCで書いてコンパイルも成功。結構簡単でした。

 後は工夫次第でなんでもできそう。結構楽しいかも。

2002/03/13(Wed)
Ruby...
●Ruby...

 このスクリプト言語、すごくない?
 わたしは、すごいものに足を踏み入れてしまったのかも...
 Delphiよりもオブジェクト指向してるぞ。
 ただ実行速度は遅いぞ。

●窓の杜

 とうとう、ダイジェストニュースの「その他のソフト」コーナーでも、バージョンアップ情報流してくれなくなったよー。わざわざバージョンアップメール書いているのに。(ちなみに、バージョンアップメールは、K2SOFT-ML、VECTOR、窓の杜の3つに流してます)。
 なんか嫌われているのかなぁ... ま、たまたま忘れられただけかな。


2002/03/06(Wed)
Ruby
●Ruby

 Ruby本(オブジェクト指向スクリプト言語Ruby)届きました。金曜日から読んでます。最初の2章を読みました。実はRubyについては存在くらいしか知らなくて、今回がはじめての対面です。

 わかりやすくて強力な言語。第1印象です。オブジェクト指向で作られているので、すべてがオブジェクトであるということで、オブジェクト指向についてちょっと知っていると入りやすいと思います。

 本についてですが、この本は、ちょっと難しいと思います。オブジェクト指向言語を一つ以上知っているか、perl系の言語(もしくは正規表現)を知っているかすれば、敷居は下がると思います。もしはじめて対面する言語だったとしたら、もう少し難易度の低い本から入った方がよいと思います。Ruby自身が難しいわけではないと思うので、入門用言語としても十分OKだと思います。

 この本、おもしろいです。読もうという意欲が萎えません。550ページあるのですが、できるだけ読み切ろうと思ってます。

 今後の展開については内緒。

●キーボードの掃除

 子供がキートップに落書きをしていたので、久しぶりにキーボードの掃除をしまいした。このキーボードはもう8年越しになるんだな。まだまだ使わせてもらうことになりそうです。(やっぱりしっくりくるキータッチにキーボードはなかなかないんですよね...)
 もう手に入らないから、どこかのスイッチが壊れたら、次どうするか考えないと。

2002/03/03(Sun)