トップ «前の日記(2008-02-04(Mon)) 最新 次の日記(2008-02-08(Fri))» 編集

K2さんの雑記


2008-02-06(Wed) [長年日記]

[]SIMD

SIMDについて調査する必要があって、本を一冊購入。ところで、SIMDの本ってないよねー。

アセンブラ画像処理プログラミング―SIMDによる処理の高速化(北山 洋幸/中田 潤也) アセンブラ画像処理プログラミング―SIMDによる処理の高速化(北山 洋幸/中田 潤也)

今日届いたので、本を開いてはじめにを読むと、いきなり

はるか昔の話しになり……

嗚呼、もうがっくり。読む気が失せる……

ちゃんと編集入っていてもこれだもんな。

出版社は、(株)カットシステム。

気を取り直して、はじめにを読み進める…… が、なんかだんだん不安になってくる。

  • たくさん書いたけど、半分は企画の事情で削ったよ、章のつながりが悪いのはそのせいだよ。
  • この本は読者の好奇心を刺激する目的で書かれたよ。
  • 筆者(のうち一人)はWindowsの使用経験がないよ。
  • wxWidgetsライブラリべたべただよ。
  • 始めて書いた本だよ。(筆者のうち一人)

などなど。うーん。正直なのもいいけどなー、プロの仕事じゃないよな。

そこはかとなく不安。無駄金にならなければよいが。

第1章。

アセンブリ言語を使用していくつかのグラフィックスアプリケーションを作成します。ビットマップファイル上に線を引くなどの処理を行います。

とあって、もういきなりコードだよ!

あまりにスパルタン。環境の説明も、アセンブラの前提も、何もなしかよ。

ここまでは、生涯読んだ中でも最悪の本のうちの一冊になる。開発環境についての説明がないか探し回るが、今のところ見つけられていない。

CD-ROMがついているが、内容の説明はなし。目次の中にC++Builderの文字が見えるので、C++Builderを使うのか?

これは酷い戦いになりそうだ。

[追記] でも逆に言えば、不要なことは書いていない内容の深い本とも言えるかも。

前半はグラフィックス処理をアセンブラで書くにはどうするか、後半1/3から1/4ほど、SIMDの説明になっている。

まぁ急がば回れとも言うし、コードを読み解きながら、ゆっくり旅してみようと思う。

[追記2] 本が悪いわけではなく、私の能力不足で、太刀打ちできない。

まずは、インテルの日本語技術資料のダウンロードからダウンロードした資料で、勉強するところから始めないと無理みたい。日本語の資料があるのは、大助かり。

IA-32アーキテクチャや、アセンブラの基礎的なところは、本書はサポートしていないようなのだが、その部分の知識がないと、この本は役に立たないようだ。

やはり長期戦は避けられない。


1965|09|
2002|09|10|11|12|
2003|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|08|
2014|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2017|01|03|05|06|07|08|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|08|09|10|12|
2020|01|07|




2008年
2月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
//
自己紹介
自己紹介
広告
計るだけダイエット
今聴いてるの
ブルックナー:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第7番
ブルックナー:交響曲第8番 ブルックナー:交響曲第8番
読書中
つっこみリスト
TrackBacks
日記仲間
/ / /
最近の日記