トップ «前の日(12-22) 最新 次の日(12-24)» 追記

K2さんの雑記


2003-12-23(Tue)

[BIKE]LSD 150/90 55km 2'14" 24.6km/h

完全に無風。今日は楽だったが、木津行きはやめて途中で引き返すことに。家を出るのが少し遅かったのと、このところ脚が少し疲れ気味なので、大事を取って。

なお、タイトルの数字の見方は、目標心拍数/目標ケイデンス 走行距離、時間、平均速度です。

このところ、ずっとケイデンスを100あたりに設定してやっていたのだが、実はケイデンスは低い方が脚、高い方が心肺機能に負担になることをあまり意識していなくて、なんせ速く回す方がよいのだとなんとなく思っていた。で、実はいろいろケイデンスを変えていった方がいろいろなトレーニングになってよいのだということに気づき、LSDはケイデンス90を中心にやろうと思い、久しぶりに少し落として実行。

やっぱり、脚への負担は大きくなって、このくらいがちょうどいいんだということを再認識。

心拍数は150付近で、ケイデンス70くらいで脚のトレーニング、90くらいをLSD、110以上をペダリングの訓練と分けて行っていこうと思う。

[BIKE]後ろのギヤが荒い

やっぱり後ろの4速から5速の間が大きい。その間が欲しい。同じパワーでは、4速でケイデンス95で、5速に入れると85弱まで落ちてしまう。

4速が19で5速が17のギヤ。18のギヤがいるなぁ。今のところ、私の脚力では前ミドルの後ろトップはほとんど使わない。42×12で、7.35m。で、シマノのアルテグラのスプロケットに14〜25というちょっと特殊なへたれ用ギヤがあって(実際には前をもっと大きくして使うんだと思う。アルテグラにへたれ用は用意されてないはずだし)、これなら、14,15,16,17,18,19,21,23,25で18のギヤが入ってくる。

トップ14で、前トップの後ろトップで、7.8mになる。今のままではこのトップギヤで十分のはず。ほとんど使うことないし...

ただし、今のギヤの一番でかいのが26で、それよりは重くなってしまう。本当は26も欲しいところだが、それはこれからの脚の強化に期待して、このスプロケットを使ってみようかと思っている。

[BIKE]ビンディングシューズ

昼から、プロサイクルショップ コセキに行ってみた。シューズが置いてあるのではないかと期待して。今出川七本松を少し上がったところ。

案の定、シューズが置いてありました。オン・オフロード兼用型の安いやつを、サイズを確かめて購入。とうとうビンディングシューズを手に入れました。

帰りには西大路今出川のケンタッキーでチキンを買って帰宅。デイバッグに靴(ぱんぱん)、ハンドルにケンタッキーのでっかい袋をぶら下げて帰ってきました。

家に帰って、早速クリート(これはペダル側に付属している。消耗品らしい)を取り付け、ちょっと試走。慣れるまでは難しそうだが、引き脚が使えるのは大きい。それから、変速のショックで足がはずれるということもなくなる。

立ちごけだけ心配だが... シューズをペダルからはずすのに、少しひねってやらないといけない。これを忘れているとそのままこけることになる。何回かはこけるのかなぁ(^^;

クリスマスに関連したパーティ

クリスマスケーキ これは食ってないイチゴムース

25,26日は長野に出張なので、23に一足早くクリスマス気分に浸る催しを。嫁さんは一日かけてワンホールのイチゴのショートケーキを作った。よくできていました。

後はシャンメリーをあけて、私はウィスキーを飲んでました。ちょっとここのところお酒が多いな。まぁ年末だからしゃーない(^^; ななちゃんへサンタさんがプレゼントを持ってくるのは明日かな。


2015-12-23(Wed)

[無線]QSLカードの整理

JARLからQSLカード(交信証)が届きだした。約2ヶ月に一度程度半年ほどのリードタイムでやってくるようだ。ちょっと遅すぎる気もするが……

QSLカードはアワードを申請したりするときに必要なので、それなりの整理が必要なのだろう。とりあえず紙のカードは来た順に保存しておくことにして、電子データの管理だけやっておこうと思う。以下備忘録。

まずScanSnapでスキャンして、PDFファイルを作成する。

その後、ここなどのWebサービスでJPG化。

ファイル名をコールサイン+交信日+表裏(表:A/裏:B)にする。

ここまでできたら、HAMLOGにQSLコンファームのマークをつけていく。ファイル名はコールサインから始まるようにつけたので、ファイル名をコピーしてHAMLOGで「検索」−「受領マーク」のメニューで検索すればヒットさせることができる。INSキーを押して受領マークをつけていく。

最後に、JPGのサイズを「縮小専用」というフリーウェアで1024x1024に制限し、HAMLOGのQSL格納フォルダに移動。


2017-12-23(Sat)

第9!

趣味でオケと一緒に合唱するというのを再開して2年目。来週は第9の演奏会です(2日連続)。

私は今まであまり歌のテキストを考えて歌うと言うことをしていなかったので、第9も今回で通算5回目の経験になりますが、暗譜はできても詩の意味がわかっていない。

で、ちょっと本日勉強することにして、ほぼ半日かかって意味の暗記をしました。正直、歌いながら意味が把握できるところまで持って行けているとは思わないのですが、ほぼはじめてシラーの詩の内容を詳細に見てみました。

でも、この詩、実はあまり意味がよくわからないです。まぁ「みんな手を取り合って仲良くしよう」で大筋合っていると思うのですが、細かい内容や音楽の筋立てからの話の展開などを考えると、よくわからない。

例えば、

Freude trinken alle Wesen an den Bruesten der Narur;
(あらゆるものは自然の乳房から歓喜を飲み、)

alle Guten, alle Boesen folgen ihrer Rosenspur.
(すべての善人も、すべての悪人も、薔薇の小径をたどる。)

Kuesse gab sie uns und Reben, einen Freund geprueft im Tod;
(自然は私たちに口吻と葡萄酒と、死の試練を受けた一人の友を与えた。

Wollust ward dem Wurm gegeben, und der Cherub steht vor Gott.
(虫けらにも快楽が与えられ、天使ケルビムが神の御前に立つ。)

というところがあります。この最後は、合唱もむちゃくちゃ盛り上がって最後転調して和音を決めて、いったん曲調を終えるという感じ。

詩の内容は、「自然は分け隔てなく我々に恩恵や歓喜を与えるのだ」みたいなことだと思います。3行目はイエスキリストのこと。で、4行目にいきなりケルビムが現れるのがよくわからない。

天使ケルビムはそれはそれは恐ろしい天使で、上から2階級目、神に直接謁見できるらしいことはわかったのですが、なんで虫けらからいきなりケルビム? それともケルビムは虫けらに対抗するもので、それまで我々はみんな恩恵を受けられるのだけど、神には謁見できないよ(ケルビムが守っているから)みたいなこと? そうすると音楽構成がよくわからなくなる。

どうやらこれは、フリーメイソンの教えが絡んでいて、虫けらとケルビムは、「虫けらからケルビムまで」という風に捉えるものらしい。虫けらには低いレベルの恩恵(Wollustは性的な快楽が絡むような言葉らしい)、ケルビムには神に謁見するような高いレベルの恩恵が与えられる。でも恩恵はみんなに与えられるよ、みたいなことらしい。

わかったようなわからないような……

とりあえず、歌詞を歌うときに頭をよく使えば詩の内容はわかるくらいのところまでは持ってきたので、後は残すところ2回となった練習で試しておきたいと思います。


1965|09|
2002|09|10|11|12|
2003|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|08|
2014|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2017|01|03|05|06|07|08|10|11|12|
2018|01|




2017年
12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
//
自己紹介
自己紹介
広告
計るだけダイエット
今聴いてるの
ブルックナー:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第7番
ブルックナー:交響曲第8番 ブルックナー:交響曲第8番
読書中
つっこみリスト
TrackBacks
日記仲間
/ / /
最近の日記