トップ «前の日(06-22) 最新 次の日(06-24)» 追記

K2さんの雑記


2003-06-23(Mon)

[PC]仕上げ

旧サーバーの設置場所に新サーバーを置いた。大きい...(^^;

家用にPukiwikiを立ち上げ、予定表等を書き込めるようにした。(非公開)

嫁さん用のtdiaryを作って、育児日記とした。(非公開)

すべてのPCの内部配線をきれいにし、ふたのねじを締めた(2週間ぶり)

リビングPCのうるさい13.2GB HDDを、旧サーバーに入っていたSeagateの80GBの流体軸受け品に変更。無音! この違いは絶大だなぁ。

これで普通の生活に戻れそう。


2005-06-23(Thu)

週末断食

私も前から興味あり。

ちょうど梅雨で、土日が雨でつぶれたらやってみたいとも思っているが、雨が降らないのでねー。それに、週間天気予報があまり当たらないし。

晴れていても、一度やってみるというのもいいかもね。

[]鳥谷の7球

昨夜の中日戦は、鳥谷の12回裏さよならツーランで劇的な幕切れ。鳥谷は、その試合2本で、さよなら弾は今期第3号。

いろいろな意味のあるさよなら弾だったが、私はその打席の赤星にも注目したい。交流戦で脇腹にエルボーを食らった手負いの赤星は、試合には出ているが、苦痛に苦しんでいるのが見ていてわかる状態。その赤星がヒットを打ち、鳥谷2球目に中日平井のモーションを盗んで、完璧な盗塁を試みる。これを鳥谷がファール。

ここから、平井−谷繁のバッテリーの赤星へのマークがきつくなる。1投球する間に2〜3回牽制が入る。そのたびに赤星は頭から戻る。戻った後、起きあがるのがしんどそう。そこまでで試合時間は4時間を超えていた。その状態でよく試合に出ているなと感嘆してしまう。

谷繁は、結局鳥谷への全投球7球すべてにストレートを要求。赤星を刺してやると言う意地なのか。カウント2−3から、鳥谷の流した打球は、レフト線ぎりぎりの観客席に吸い込まれた。

鳥谷の流し打ちのうまさは天性のものだろう。鳥谷は、「打った瞬間に入ると思った」と言っているので、完璧な打撃だったのだろう。

鳥谷もすごいが、3割くらいは赤星が打たせたホームランだったと思う。ほんとにすごいやつだ。


2006-06-23(Fri)

日本のサッカー

日本のサッカーとは?というところから始めないとだめなのかもね。

野球にはなぜかそれがある。世界経験がほとんどない野球になぜそれがあるのだろう。

日本の現代版サッカーについては、まだまだ歴史が浅く、指導者も若いのだ。日本発祥の戦略が生まれるといいな。


1965|09|
2002|09|10|11|12|
2003|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|08|
2014|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2017|01|03|05|06|07|08|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|08|09|10|12|
2020|01|07|




2009年
6月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
//
自己紹介
自己紹介
広告
計るだけダイエット
今聴いてるの
ブルックナー:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第7番
ブルックナー:交響曲第8番 ブルックナー:交響曲第8番
読書中
つっこみリスト
TrackBacks
日記仲間
/ / /
最近の日記