トップ «前の日(02-23) 最新 次の日(02-25)» 追記

K2さんの雑記


2003-02-24(Mon)

[K2E]マルチモニタ

デュアルディスプレイで本格的に作業を開始しましたが、残念ながらまだおいしい作業はありません。

さて、デュアルディスプレイでのK2Editorの挙動ですが、いろいろと変なところにダイアログが出たりしておかしなことになってますね〜。

で、いろいろと修正してみました。

まず初期出現位置ですが、マルチモニタ構成にもよりますが、プライマリモニタに出ない場合があります。まずこれを修正。それから、各ダイアログが起動エディタ上に出ない問題。プライマリモニタ上にエディタがある場合は問題ないですが、サブモニタ上にある場合は、いろいろとやばいことが...(^^; これも修正。大きいのはこの2点ぐらいか。

今回はじめてマルチモニタを使ってみましたが、この仕様、なかなかうまくできています。プライマリモニタは、モニタの左上が(0,0)の座標になるように配置され、その周りの隣接した8通りの位置にサブモニタが置けるようになっています。フルスペックで9つのモニタが使用できます。2つだけの場合は、モニタの物理的な配置を画面のプロパティで設定することができます。だからモニタを積み重ねることもできますし、場合によってはお互いに斜めの位置に置くこともできます。

マウスは、モニタ同士が接している方向に動かせば、お互いのモニタの間を行き来することができますし、アプリケーションウィンドウもその方向にドラッグすれば、お互いのモニタ上を移動させることができます。

つないであるディスプレイデバイスの数だけ、モニタが存在しますが、それらには番号がついています。最大1〜9まで番号がつくはずです(わたしは2つしかもっていませんので1,2)。これが、必ずしも1がプライマリにしたいディスプレイデバイスになるかどうかはわかりませんから、どれをプライマリにしたいかを画面のプロパティから選択することができます。

ここで問題になるのが、アプリの初期表示位置です。

どうやら、OSは、ディスプレイデバイスの1番に対して初期表示位置を設定するようで、2番をプライマリにしている場合、表示をOSに任せていると、初期表示位置はサブモニタになってしまいます。

よくできたアプリケーションは、起動位置がプライマリモニタの範囲内かどうかをチェックして移動させていますから、プライマリモニタ上に表示されます。ここで、まずチェックしていないアプリはサブモニタに飛ばされます。(K2Editorも飛ばされます)

またたとえチェックしているアプリでも、単にプライマリモニタ内にいるかどうかをチェックしているだけですから、プライマリモニタ上のどこに表示されるかは、かなり怪しい挙動になるものが多いです。

これを完璧にするなら、自分がどのモニタ領域に表示されようとしているかを検知して、それをプライマリモニタの該当位置に表示し直すように位置を変更する必要があります。これには、表示されようとしているモニタ位置がどこなのかを正確に把握する必要があって、ちっと面倒なことになります。APIを使えば可能なので、K2Editorでは面倒ですがその辺をまず修正しました。

後は、表示されるダイアログの位置ですが、これは大抵のアプリで自分のメインウィンドウの位置からの相対位置で表示しているので大丈夫なことが多いです。ところが、K2Editorでは、ここでプライマリモニタからはみ出していないかなどをチェックしたりしているので、やっかいな問題が起きます。サブモニタにK2Editorを表示している場合、無理矢理プライマリモニタにダイアログが飛ばされてしまいます。

むーん。

で、これもモニタの数が2以上の時は、はみ禁チェックをすっ飛ばすことで対処。その代わり、(確か永さんの要望だったかな)せっかくのはみ禁チェック機構は働かなくなります。

マルチモニタ時の挙動に関してはこんなところかな。アプリによってはモニタ境界に配置されてしまうダイアログもありますが、これはどうやって位置を決めているかわかりません。

なお、対処したK2Editorは、他の修正がないので、当分出す機会がありません。欲しい人がいれば、メール等でわたしをプッシュしてください。


2006-02-24(Fri)

荒川静香おめでとう

リンクの空気までコントロールしたのは、荒川と村主の二人だけだったと思う。村主は残念だったが、荒川の笑顔は最高だ。

おめでとう。

ミキティもがんばれ

失敗しても演じ切った 安藤、挑戦は未来へ

帰国すると高校卒業の安藤選手は「スケートは続けます」ときっぱり。「メダルを取るにはもっと経験を積み重ね、つらい思いをしないといけない」。その視線は4年後に向いている。(共同)

うわっ、すごいサイト見つけた

ブレッドボードラジオ

よだれもの。(なぜよだれものなのかは、わからない人にはてんでわからないと思う。そういう族なのだよ)

今日はよく釣れる。上記のサイトからよくリンクされている、

愛しのB級ラジオ博物館

ここもなかなか。

その先に、

宇宙人大図鑑

こんなところも。なかなか大漁だった。


2008-02-24(Sun)

システムが変わって音が変わると、音楽の聴き方に気合いが入る

一番大きな差は、ヘッドホン(AH-D5000)を購入したことによるのだが、自分のシステムから聞こえてくる音が変わった。

こういうことが起きると、今までなんとなく聴いていた手持ちのCDを聴く態度が改まる。そうすると、また新たな発見がいろいろあって、より聴き方が広がる。

低音の輪郭を捉えやすくなったので、たとえばBill Evans TrioのSunday at the Village Vanguardでのベースの音がすさまじいことに気づく。このアルバムに対するとらえ方が以前のものと変わる。

Sunday at the Village Vanguard Sunday at the Village Vanguard

今朝は、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲1番(ボロディン弦楽四重奏団)を聴いてみた。

チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集 チャイコフスキー:弦楽四重奏曲全集

アマゾンは、全集になっているので、私の持っているCDと違う。クラシックのCDも昔に比べたら安くなって、天国のようです。私の持っているCDは、第1番と第2番が入って、3000円のCDです。

正直、あまりちゃんと聴き込んでいなかったので、私の中での印象がまだできていなかったのだが、聴いてみると弦楽があまりにきれいので、聞き惚れてしまって、そこから、あぁむちゃくちゃ名曲やんと再発見。

当分音楽漬けの生活が続きそうだ。

TU-882真空管の接触不良?

今日TU-882経由で聴いてたら、右側からちりちりノイズが出ている。

これが真空管の接触不良かと。ソケットから抜き差ししてみたが、やはり少し暖まるとちりちりと。

結局真空管外して、ピンをヤスリで磨き(本当にやすりで磨くべきかどうかまよったのだが。というのは、もしメッキ処理をしてあるならメッキがはがれてしまうので、磨くべきではないから)、左右入れ替えたら、ノイズはなくなった。

この症状には、TU-882ユーザは、みんなぶちあたるのかもしれないな。


2018-02-24(Sat)

散歩 26km 33800歩 約6時間 平等院

昨夜は飲み会だったのだが、深酒にはならなかった。ちょっと飲み会開けの鬱気味だったが、こんな時こそ予定通りに行動して心の調整をするべきだと思い直して出発。

出発本日はいい天気。温度も14度くらいまで上がるとの予報。今日はちょっと遠出で、片道17kmほどを予定している。往復すると34kmで約7時間となる。難しそうなら電車で帰ってこようと思っている。
Googleの案内道Googleマップはいきなりこんな道を案内してくれる。こういうのはなかなか楽しいのだが、本日はとても歩行者が歩けない道(自動車のみしか走れない道)を何度か案内されて、少々危険な経験もしたので、あなどれない……
画像の説明2時間弱ほど歩いたところで昼ご飯。今日は新福菜館伏見店。香ばしい醤油のラーメンで、見た目よりはあっさりしていて、癖になる味。実は家の近くにもあるので、行こうと思えばいつでもいけるのだが、あまり行ってないなぁ
画像の説明宇治川。ここまで3時間くらいかな。車ではよく来ているので、あまり遠距離感がないのだが、すでに15kmほど歩いているはず。今日の目的地は10円玉でおなじみの平等院! 参道まではほぼ車道なのだが、宇治橋西詰の六叉路に入るといきなり雰囲気が出る。お茶関係のお店が多く、観光客も多い
画像の説明拝観料600円払って中に入る。いきなり鳳凰堂あり。藤原頼通が建立したとのこと。これは右側からのショット
画像の説明正面。iPhoneのレンズでは広角側が足りなくて全景が入らない。後ろに下がると観光客が一杯入ってしまうので、なかなか難しい
画像の説明左側からのショット。これもかっこいい。後、博物館もあって、宝物がいろいろ見れました。なかなか楽しかった。この博物館付きなら600円の価値ありだなあ

帰りは、結局京阪電車の宇治線に乗って祇園四条まで。そこからは歩いて帰ってきたので、総歩行距離は約26km(歩数から計算)となりました。


1965|09|
2002|09|10|11|12|
2003|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|08|
2014|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2017|01|03|05|06|07|08|10|11|12|
2018|01|02|03|04|05|08|09|10|12|
2020|01|07|




2018年
2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
//
自己紹介
自己紹介
広告
計るだけダイエット
今聴いてるの
ブルックナー:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第7番
ブルックナー:交響曲第8番 ブルックナー:交響曲第8番
読書中
つっこみリスト
TrackBacks
日記仲間
/ / /
最近の日記