トップ «前の日(02-12) 最新 次の日(02-14)» 追記

K2さんの雑記


2005-02-13(Sun)

[音楽]再生装置を購入(1) ヘッドフォン編

 今まで、SONYのそんなに高くないイヤーホンでPC再生音を聴いていた。一応、PC出力だと音量を大きくしたときに音が割れるので、単体コンポのアンプをつないでいた。アンプはONKYOの中級機。10年以上前に購入し、現在はYAMAHAのAVアンプに役目を引き渡して、退役後の余生を、私のPCのヘッドフォンアンプとして過ごしている。 最近音楽を急に再び聴きだした。ここまで密度が高いのは10年以上ぶりだ。これもかなり前に買ったAH-G77というDENONのヘッドフォンを持っていたので、ここのところはこれを使っていた。

 家族の関係で、もうスピーカーを使って聴くことはほぼあきらめている。他の家人が興味のない音楽を頻繁にリビングで鳴らすわけにはいかない。ただ、こないだの休みの日に一人になる機会があったので、スピーカーでExplorationsを鳴らしていた。やっぱり音は違うと思う。中音域はあまり差はないのだが、低音や高音の素直さが全く違う。ピアノの音色はよくなるし、ベースもしっかり鳴る。AH-G77も結構鳴っている方だと思うのだが、低音がぼこぼこするし、抜けがよくない。とよくわからないが勝手に思う。

 元来、音楽を聴くときにあまり音質を気にする方ではなくて、とりあえずちゃんと鳴っていればそれでいいと思っていた。原音再生なんてのは理想であって所詮は無理なのだ。音楽を聴くというのは、自分の中で聞こえてきた音を咀嚼して、それで理解するものだと思ってきた。

 そんな私でも、ふと疑問を感じるときはあるのだ。「もうちょっといいヘッドフォンを使えば、実は全然違う世界があるのではないだろうか」 一旦思ってしまうとこの懐疑はどんどん大きくなり、落ち着いて音楽が聴けなくなってくる。たまに首をもたげる病気なのだな。



 ヘッドフォンを調べてみた。どうせ買うなら、スピーカーに比べれば安いものなのだから、もう懐疑心を抱かないクラスのものを。5万円くらい出せば、ぐうの音も出ないものがあるだろう。探せば3万円くらいでいいものがあるだろう。そんな感覚で探し出して気に入ったのがゼンハイザー(SENNHEISER)というメーカーのHD580だ。これなら2万5千円で買えるし、どこのレビューを見てもほぼ間違いない。ということで、もう耐えられなくて速攻で購入した。

 こういうものは、エージングと言って、数十時間から200時間くらい慣らし運転をしないと本来の実力は発揮しないらしい。だから、買ってすぐ聴いてみた印象というのは、まだ本来のものではないのだろう。それでも、AH-G77に比べて、まず抜けがよくなった。低音もはっきりと聞こえるようになった。しかし、実は期待していたよりは、その変化は小さかった。世界観が変わるほどの変化はやっぱりないのだ。しっかり鳴っていれば、それ以上はいろいろとやっても、エネルギーの無駄。コンテンツの解釈にエネルギーを向けないと何をやっているのかわかんなくなるのだ。

 変化は小さいとは言っても、しかしやっぱりいい物はいい。ピアノの音ってこんなにきれいだったんだなとか、定位の解像度が上がっていることもしっかりわかる。欲を言えば、音量を上げたときの高音の不快感(たぶん歪んでいるんだと思う)が解消され、超低音の形がもっとはっきりわかるといいと思う。これはエージングに期待してみよう。

[音楽]再生装置を購入(2) CDプレーヤー編

 相変わらずPCからの出力をアンプに入れて聴いていたのだが、こんなことをしていると、CDプレーヤーならどうなるかに興味が行く。CDプレーヤーは、これまた15年前くらいに買ったDENONのDCD-1610である。当時、SONYとDENONの同クラスのやつを比べて、より素直な音を出していたDENONに決めたことを覚えている。よく聴くのはクラシックなので、フラットな特性のものがよいだろうと考えた。ポップス・ロックならSONYのものを買っていただろう。SONYは明るく楽しい音が出た。

 DCD-1610は、一度トレーが開かなくなって、修理に出したことがある。光ピックアップも換えて修理代が2万円くらいだったと思う。今回使ってみようと思ったが、このときと同じ不具合に当たった。手でサポートしてやると一応開くのだが、びくびくものでCDを入れても、CDを認識しなかった。残念。修理に出すかどうかを一晩考えた。新品を買うと、昔より安くでいいものがあるとはいえ、やはり3万円以上は出費する必要がある。高いヘッドフォンを買ってしまったし、躊躇する。しかし修理に出すと、2万円。もう少し出せば新品。15年前のものだし修理もそろそろ難しいかも。ということで、自分で分解してみよう。だめならしゃーない。その時に考えるということで。

 さすがに当時の値段で8万円くらいしたCDプレーヤー。造りは堅牢、筐体のアース処理もかなりしっかりしている。今ならEMC対策で同様のことが必要になるが、当時はただ単に音のため。贅沢な筐体である。分解してトレーを出し入れしてみたが、あれ、ちゃんと認識するじゃん。トレーは磁石とバネを使ってCDをつかみ取る機構のせいで開かなくなっている。バネが若干弱いみたい。しかしこれは直せない。何度か出し入れをしてみると、調子がよくなった。「これならいける」ということで組み立て直し、音を聞いてみる。おー、PCからのものとは全然音が違う。当然といえば当然なんだろうが、さらに抜けがよくなる。シンバルの音が前に出てくる。これは、PCのオーディオ回路のせいなのか、MP3で圧縮(256k)しているからなのかまではわからなかったが、またの機会に実験してみようと思う。

 もうCDプレーヤーからじゃないと聴けない耳になってしまった。しかし、また試練が私の前に。せっかくCDを認識するところまで行ったDCD-1610だったが、激しく音飛びがするのだ。いよいよ光ピックアップ交換か。かなり悩んだのだが、すまん贅沢を許してくれ、CECというメーカーのCD3300を購入することにした。もう状態がハイなので、通販なんか待ってられるか、日曜日に日本橋まで買い出しに出た。

CD3300

 逸品館に在庫があることを確認した。いろいろ調べたがここが最安値だった。シマムセンにも電話したが、店員の対応、心象悪し。この店では絶対に買わない(高校生の頃に一度コンポ単品を買った覚えがあるが、このときの心象もあまりよくなかった)。京都から日本橋まで行くと、ほとんど一日がかりになる。朝11時過ぎに出て、帰ってきたのは6時だった。ご飯も食べたしね。

 お店で黒の展示物を見たが、噂通り安っぽい。デザインセンスはあまりよくないという意見を見ていた。写真で見る分にはそうでもなかったのだが。ゴールドは展示していなかったのだが、このデザインならゴールドの方が絶対合うなと思い、ゴールドを購入。30500円なり。

 さて、家に帰って来て、早速火入れ。噂通りのフラットな音。DCD-1610も好きだったが、これも気に入った。全く遜色はない。これだけ忠実な再生でこの値段なら、コストパフォーマンスは最高だ。

 HD580と組み合わせての総合評価。やっぱりもう少し超低音の形がしっかりわかるといいな。後は高音の耳障りがよくなるとよい。エージングに期待しよう。

 CD3300に関しては、改造記事もかなりある。そこまでは深入りすることはないと思うが、音の追求にはみなさん熱心だ。改造済みCD3300が10万円越えで売っている。これを買う人がいるのだから、この世界は深入りしない方がよいのだ。私はまた15年以上は、このセットで満足することにする。

本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

K2 [クリーニングCDを使って3回くらいクリーニングしたのですが、よくならなかったもので。 トレー開閉に関しては、ベルト劣..]

すのこ [クリーニングCDはブラシのついているやつですよね? こびりついた汚れは直接拭くに限ります(^^;) この方法で、CD..]

K2 [なるほど。ピックアップ見えたけど、簡単にアクセス出来るかな。直っても、トレーの開閉は調子悪いし、あんまり価値無いんだ..]


2006-02-13(Mon)

ITmedia エンタープライズ:BorlandがIDEを売却へ――今後の展開を注視するユーザーたち (1/2)

海外Delphiユーザーの妄想すごっ。G社による買収なんて、ユーザーの現実味のない願い以外の何者でもないだろう。その昔のTurbo Pascal信奉者のにおいが残っているな〜。

Turbo Pascalは、また冬の時代に突入する。また日の目を見ることはあるのだろうか……


2008-02-13(Wed)

雪!

積もってます。会社に行くのいやだなー。


2009-02-13(Fri)

Becky! 2.5

Becky!の脆弱性の問題がニュースになっていたので、最新版にバージョンアップした。

すると、なんかタスク管理機能がついている。おまけにメールにメモが書けるようになっている。

うーむ。

いや、便利だと思う。いつも通り、ちょっとしっくりこないユーザーインターフェイスは仕方ないこととして、これは画期的なことだ。最近の他のメールクライアントでは、こういう機能はついていたりするのだろうか(秀丸メールとか)?

でもね、もう8年早く実現してくれてればな。もしこの機能が8年前にBecky!にあれば、TaskPrize r.2は世に出ていなかっただろう。

で、今更この機能があってもなー、私は使わない。TaskPrize+Becky!連携の方が高機能だし。

でもまぁ、OSの変更などでTaskPrizeが使えなくなるようなことがあったら、ばりばり使うかも。

本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

すのこ [TaskPrizeが使えなくなる、というのは考えたくないのですが(^^;)]

K2 [私にも考えられないのですが……(笑)。 Windows7とかでも動くのだろうか。もしそうなら開発環境自体が、たぶんイ..]


2015-02-13(Fri)

[無線]無線機購入検討

FTDX3000TS-590G

アマチュア無線をやっていた頃、この2社はあこがれだった。

当時は入門バンドに位置づけられていた50MHzにQRVしていたが、最初に買った無線機は、松下のRJX-610。当時、まだ周波数をデジタルで直読できる無線機は少なかったが、これは直読できた。ハンディ機で価格も安い。

50MHz帯でオールモード機では、当時TS-600(TRIO、今のKENWOOD)とFT-625D(八重洲無線)が双璧で、カタログを食い入るように見て恋い焦がれていたのをよく覚えている。

しかしながら、価格が高く、手が出ない。そこへ低価格で攻め込んできたのがICOMのIC-551。私はこれを少ない小遣いとお年玉等を全部つぎ込んで手に入れた。これは本当にいい機械だったし、かっこよかった。

さて、あれからもう35年ほど経ち、無線を再開しようなんて企てている。今回は、HFでCWをやるんだ。ということで、1アマの受験勉強をし、CWの聞き取り練習なんてやっている。

今回、どの無線機で再開するかを非常に悩んでいる。50万円を超える無線機を買えるなら、また別の選択肢になるのかもしれないが、いくら35年前より小遣いが多くなってもそこまでは無理。20万円台でなんとかとなると、最初の写真にあげた、FTDX3000かTS-590Gということになる。今回は、あこがれだったKENWOODかYAESUの無線機にしようと思う。

性能的にはFTDX3000の方が上だと思うが(値段も実売で50k円ほど上)、デザインがなー。なぜYAESUって、こんなきゃばきゃばなデザインになってしまったのだろう。

久しぶりに物欲で悩む。悩んでいる間が一番楽しいんだろうな。


2016-02-13(Sat)

[無線]7MHzでCQ

本日は、10:10より10:55まで、7MHzでCQ。14wpm。

途切れるまで8局QSO。SSBで半年前につながった方と2回目とか、

TNX 2ND QSO

と打つと、

TNX 1ST CW QSO

と打たれて、なんかこれだけでもコミュニケーションしてるなーと思えておもしろい。

その後、ワッチに回る。今日は南に開けており、6がよく聞こえる。

[無線]CWのCQ

1/29の雑記であっさり書いているが、初めてCWでCQを出したのがこの日だと思われる。

いやはやあっさり書いているが、初めてCQを出すときは、心臓ばくばく、勇気を振り絞って出したはず。雑記を読むと、どうも酒の力を借りているようだ(笑)。

昨年の4月からアマチュア無線を再開して、2015/8/10にCWで初QSO、その後1月に初CQ。符号の受信練習は確か一昨年の12月頃から始めたから、1年でCQ出すところまでは来れたようだ。

CWをやろうと決めたときから、CWでQSOできるようにはなりたいと思っていたが、正直本当にできるようになるかどうかは半信半疑なところもあった。

こういうのは飛び込んでなんぼというのが、今回経験してよくわかった。

今でも符号を聞いてから英文字が反射的に浮かぶところまでなかなかいかず、どうしても頭の中で一度符号のイメージに変換している節があるが(子供の頃に単語カードで覚えた弊害を今まで引きずっている)、まぁなんとか18wpmくらいまでなら、ラバースタンプQSOであれば対応できるようになってきた。

やっぱり一番ハードルが高かったのは、8月の初QSOかな。お盆休みがなかったら、CWでQSOを始められるようになるのは、もうちょっと遅れていたと思われる。いずれは始めていただろうけど、何でも最初は恐ろしいものだ。

ここまででカムバック後、全交信局数860局に対してCWは491局。あっさり電話での交信局数を抜いてしまった。

相変わらず10月に異動があった本業のストレスは殺人的に厳しいが、なんとか無線のオペレーションも軌道に乗せることができた。一年ずれていたらカムバックなど絶対無理だっただろうと思う。よかったよかった。


2018-02-13(Tue)

iPhoneのアプリ開発してみようかな

現在は、仕事はかなり楽になったのだが、責任範囲も以前より狭くなって、こんなことでよいのかと感じるようになっている。

正直、もう本職でこれ以上の仕事の広がりが期待できないのであれば、今後何をして生きていくのか、真剣に考えないといけないと思っていて、先のことを考えるといろいろ思い悩んでしまう。

こんな中で、はやりのRPAなどの開発をやったりしている。少し開発をすると、やっぱり自分はプログラム開発はかなり好きだなと再認識する。自分はやっぱりこの道で生きていくべきなのかななんてことも思う。

今からプログラミングをやるなら何、と考えると、今更Windowsアプリの開発もないよなぁ、やっぱりスマホかなぁとか思う。スマホはiPhoneしか使ってないので、iPhoneの開発やってみようかな、でもお金かかりそうだなとか。

でもちょっとやってみようかなと思う気持ちが強くなっている。で、ちびっとだけ調べると、Macが必要らしい。

Mac!

今更か。いいやんいいやん一度使ってみたかったんだ。

一週間ほど悩んでみるつもり。


1965|09|
2002|09|10|11|12|
2003|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|08|
2014|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2017|01|03|05|06|07|08|10|11|12|
2018|01|02|




2009年
2月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
//
自己紹介
自己紹介
広告
計るだけダイエット
今聴いてるの
ブルックナー:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第7番
ブルックナー:交響曲第8番 ブルックナー:交響曲第8番
読書中
つっこみリスト
TrackBacks
日記仲間
/ / /
最近の日記