トップ «前の日(01-27) 最新 次の日(01-29)» 追記

K2さんの雑記


2004-01-28(Wed)

仕事の山

予想されたことではあるが、仕事が山のように...


2005-01-28(Fri)

[K2E]外部ファイルとのDIFF実行時の文字コード変換

掲示板の方で不具合報告があったので、修正。

外部ファイルとのDIFF実行時、文字コードのことは考えず、そのまま内部バッファをSJISでテンポラリファイルに出力し、相手先のファイルと比較実行していた。当然、相手先ファイルの文字コードがSJISでない場合は、期待した結果が得られない。

外部ファイルとの比較はあまり使われないので、今まで見過ごされていたのだと思う。

文字コードの問題は結構ややこしく、K2Editorで例えばJISを読んで、再度JISで保存すると、必ずしももともとのJISのコードと一致したファイルを出力できるわけではない場合がある。そんなことを考えると、相手先をSJIS-CRLFに変換して比較した方が、コンテンツの比較としては有用だと考え、その仕様で修正。

幸い、GREPルーチンに使用していた、文字コード変換機能付きTStringListクラス(TJConvStringList)を作成していたので、それを流用。ここまでは比較的楽ちんだった。

TStringListということでいやーな予感はしていたのだが、試しに最後が改行で終わらないファイルを使って実験してみると、案の定最後の行だけが一致しない。TStringListは、最後の行が改行でも改行じゃなくても、Streamへの出力時に最後に改行コードを付け加えてしまう弱点があるのだ。

仕方がないので、TJConvStringListに最後の改行を判定して出力する機能を追加した。まぁ、原理的には簡単で、LoadFromStreamとGetTextStrをOverrideし、LoadFromStream時に最後に改行コードがあるかどうかを判定し、それを保存しておく。GetTextStrで全体のstringを得るときに、その情報を使って最後に改行をつけないようにできるコードを追加する。

ちっと面倒なのは最後に改行コードがあるかどうかを調べる方法なのだが、これもByteTestを使って最後がmbSingleByteであることを調べれば一発で調べられる。この方法を知らないと、バグを生みやすいので注意。

不具合なら必ず直さないといけないのか?

ソフトを作っていて、ある程度以上の不具合を直したら、それ以上の不具合修正は、もはやあまり意味のないもののような気もする。

間違いだと指摘されたら直してしまうのだが、例えば1万人がK2Editorを使用するとして、5年間の間に今回のバグを経験したのは、たぶん5本の指に数えられるくらいの人間だろう。そんな不具合を本当に直す必要があるのかどうか、ちょっと疑問なんだな〜。本当にそれがその人のために必要なら、たとえ一人のためでも直す覚悟はあるのだが、本当にそれが必要なのか、たまたま気づいたというレベルなのか、不具合報告を読んだだけではわからないのだよ。

私が1時間動けば、まぁ普通は5000円くらいのフィーの価値はある。今回の不具合を修正するのに5000円かかるとしたら、直してくれと要求するのだろうか。

例えば、ちょっとだけでもよいから、「私はこういう不具合で、こうこうこうで困っている。これが直れば、私は幸せになれるよー」と書いてくれれば、やる気はでるんだなー。

しかし、細かい不具合報告はやっぱり欲しい。上記のようなことを考えて、報告を出すのを躊躇されても困る。その辺がオンラインソフトをメンテナンスしていく上での難しいところだ。

ということで、ちょっとぶうたれてみたが、別に好きでやっていることで、ある程度つらいことも我慢する必要があるのはわかっているので、今のままでよい。でも、そーだなー、「面倒だからバグ直しません」と気持ちよく後ろめたくなく言えれば、もっと楽かもなー。

[K2E]修正もかなり貯まってきた

現在のところ、K2Editorの未リリース修正点は、

  • 半角カナが混じったテキストをUTF-8,UTF-8Nで保存しようとすると、アドレスエラーが出る不具合を修正
  • 上書き禁止状態のファイルを開いている際に別の編集ウィンドウを開くと、そのウィンドウは上書き禁止状態になっていなかった不具合を修正
  • InyouCopy,InyouPasteマクロコマンドに、引用符を渡すことができるパラメータを追加
  • キャレットが最下行付近にある時、↓キーでキャレットを移動すると下スクロールするが、別のキーと連続して↓キーを押したとき、2行分下スクロールしてしまう不具合を修正
  • サブウィンドウを画面分割すると、改行コードがCR+LFに変わってしまう不具合を修正
  • マルチモニタ環境で、新しいエディタが起動されるときは、古いエディタと同じモニタ上に表示するように変更
  • 起動オプションに、-xを追加
  • 外部ファイルとのdiff実行時、外部ファイルを一旦SJISに変換してから比較するオプションを追加

とこのくらいある。そろそろ出さにゃまずいな。今週末か来週くらいにはなんとか。

[K2E]結局あれから...

追加で2時間もやってしまった。まずいんだが... まぁ、ただ働きは人に言えないくらいやっているわけだから、お互い様ということで。 えー、後追加で3つ。

  • 「マクロ用文字列記述基準」に、%CharCode%と%ReturnCode%を追加
  • SaveAs、SaveSelectedToFileマクロにおいて、文字コード、改行コードに-1を指定すれば、現在の文字コード・改行コードを保ったまま実行するように変更。また値を指定しないときは-1がデフォルトになるように変更
  • 選択範囲をファイルに保存で、文字コード指定機能が働かなかった不具合を修正

オープンソース化という話もあるが、コードは汚すぎてオープンソース化はしたくないし、オープンソースにしても、誰も直してくれないでしょ、きっと。TTBaseを見ていたらよくわかる。

結局誰か責任持つ人がいるんだよね。オープンソースを成功させるには、かなり注意深く計画しないとだめだし、そんな時間はありましぇん。

サポート終了と宣言してしまうのも一興かとも思います(笑)。

[JAZZ]Explorations 6日目 - しつこい

現状変わらず。何か耳に変化があったり、別のCDに変えたりしたら報告します。

大量消費社会に...

幻滅した夜。

まぁ、忙しいのが悪いのだなぁ。この国で、物を大切にして工夫をすることにどん欲なのは、エンジニアと主婦くらいなのか。

本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

 [不具合修正:こまめにリリースしていただいてありがたく思っていますm(__)m オープンソースなら、「ソース公開してい..]


2008-01-28(Mon)

ハードディスク大量搭載実験研究サイト ハードディスク劣化の原因と対策

長く保たせるためには、まぁ今までうすうす感じていたことが書かれているのだが、確かにHDDのスペック表をしげしげと眺めたことはないなー。

  • 温度を上げすぎない
  • 24時間止めずに連続運転

が2大秘訣だと読んだ。家庭内で、通常のPCを24時間稼働させるのは、ちょっと抵抗があるので、壊れては困るHDDを低消費電力サーバに集中させて、こいつだけを24時間稼働させる方法がベストか。幸いうちはこの構成になっているので、見直しは必要なさそう。

ただし、クライアントPCのHDDの耐久性については過信しないこと。いつ壊れてもおかしくない。壊れたらあきらめられるように普段から心しておくこと。

[追記] 「BUFFALOのUSB2.0外付けHDDが安すぎる件 - anti.dmz-plus.com

こんな外付けUSBドライブが、PCの電源を切っても、止まらずに回り続けてくれるなら、なかなかいい方策になると思うのだが、無理か……

鬼門・オーディオ編/ その泥沼的な廃退の真相・オーディオの鬼門

ちょっと別件の検索をしていて、このページに当たった。はじめは結構まともなことが書いてあるっぽくてふむふむと読んでいたのだが、次のところに及んで、あちゃーと。

コンピューターは、デジタル信号を扱っています。SCSIというコンピューター用の情報転送規格がありました。7年ほど以前には、最も信頼できる情報転送の規格でした。知ってみえるかたのほうが多いと思います。スカジーと言います。モガミ社の発表によれば、SCSI用のケーブルの最も良質なものでさえ、情報の70%しか転送していない、つまり、残りの30%は、どこへともなく、消えてしまっているということです。これはしばらく前までモガミ社のサイトに公表されていました。モガミがSCSIケーブルの特注を受けていたからに他なりません。

このことは、デジタルケーブルで音変化を起こすことを知ってみえるかたは、即座に理解されるでしょう。ケーブルなどというものは、超一流品メーカーでなければ、非常に、極限的にいい加減なものである、ということです。

CDプレーヤーは、欠陥品!でした。デジタル信号の欠落は致命傷です。

おいおいと。30%もデータ化けするデータ転送プロトコルなんて、使い物になるわけがないではないか。だいたいエラー訂正機構なんて、実際には動いてはいけない機構であって、もし運悪く化けてしまったときの緊急措置として置かれているものだ。

で、まぁモガミ社とやら(ぐぐったらケーブル屋さんのようです)の経験は百歩譲って、ある条件下では本当にそうだったかもしれない。でもだからといって、これをもって、「ケーブルなどというものは、超一流品メーカーでなければ、非常に、極限的にいい加減なものである」という結論に持って行くと言うことが、もうあちゃちゃのあちゃちゃ。

ケーブルは、きちんとマッチングが取れているもので、それなりの長さであるのなら、きちんと伝送されるようになっています。

なお、CDとアンプの間のデジタル伝送プロトコルのSPDI/Fでは、エラー時の再送要求はありません。片側通行です。

他は結構まともなことが書かれているだけに、非常に残念です。

ここがというわけではありませんが、オーティオの世界には魑魅魍魎が住んでおりますね。


2018-01-28(Sun)

ウォーキング 22.2km (下鴨神社〜狸谷山不動院)

最近歩くことが楽しいので、休みの日にもちょっといろいろ回ってみようと思っていて、本日は、下鴨神社から狸谷山不動院に行った。1/28は狸谷山不動院初不動で笹酒がいただけると聞いて、それが目当てでもある。

全行程22.2kmで時間は約5時間。歩数は31000歩。

画像の説明西院から二条城を横目に見ながら北上し御所内を通る。京都迎賓館の一般公開していたけど、入場料1500円ということでパス。
画像の説明御所を抜けて下鴨神社に向かう。糺の森を通り
画像の説明境内の鳥居
画像の説明戌年の大きい絵馬が飾ってありました。
画像の説明比叡山はうっすら雪をかぶっています。
画像の説明叡山鉄道と交差したので、間近でタイミング合わせて撮ってみたら見事に先っちょだけ(笑)。ゆるキャンとコラボしているので、車両の横にはゆるキャンのキャラが書かれているはずですが、正面にもコラボ絵がかろうじて視認できます。その後、天下一品総本店まで行き、狭いカウンターでこってり並を食す。一息ついて、いよいよ狸谷山不動へ。
画像の説明結構な坂を登っていくと、入り口が見えてくる。笹酒はがんに効能あり?
画像の説明狸さん達にも雪がかかっています
画像の説明階段の途中、七福神がおられます。すみません、布袋様だけ写真で確認できません。切れてしまったようです
画像の説明本殿は少し小さめの清水の舞台のよう。この奥で笹酒も振る舞っていただきました。中は撮影禁止なので、写真はなしです

さすがに2万5千歩を超えたあたりから足・膝が相当参っていて、かなりしんどかったですが、なんとか帰り着きました。一日で3万歩を超えたのは生涯ではじめてかもしれない。歩くのは楽しい。

最後に本日のルートマップを載せておきます。

行き画像の説明
帰り画像の説明

1965|09|
2002|09|10|11|12|
2003|01|02|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2012|01|03|04|05|08|
2014|01|02|03|04|05|08|09|10|11|12|
2015|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2016|01|02|03|04|05|06|07|08|09|11|
2017|01|03|05|06|07|08|10|11|12|
2018|01|02|




2018年
1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
//
自己紹介
自己紹介
広告
計るだけダイエット
今聴いてるの
ブルックナー:交響曲第7番 ブルックナー:交響曲第7番
ブルックナー:交響曲第8番 ブルックナー:交響曲第8番
読書中
つっこみリスト
TrackBacks
日記仲間
/ / /
最近の日記